《風俗ガイド》この快楽はデリヘルだけのまさに醍醐味

"デリヘルに在籍をしている女性というのは、昼間はOLだったりどこかの店員さんだったりしています。
昼間に普通の仕事をしながらちょっとしたお小遣い稼ぎでデリヘルで働いている女性は実はかなり多いのです。
「風俗」選びで失敗をしてしてしまうと、プレイ内容が雑だったり料金が高く付いてしまうことなどが考えられます。
満足することの出来る「風俗」を選ぶのでしたら、まずは「風俗」に関する口コミ情報を確認するようにしましょう。
デリヘルには素人さんが多く働いていることから堂々と顔写真をホームページや雑誌に掲載するにはどうしても問題が生じてしまいます。
体型や趣味などといったプロフィールを参考にして女性を指名すると良いですね。
何年もデリヘルで仕事をしている女性でも、昼間の仕事をメインとしている風俗業の『素人』さんが多いデリヘルは非常に多いです。
もしあなたが素人さんとエッチなことを楽したいという願望があるのでしたら、デリヘルを利用してみましょう。"



《風俗ガイド》この快楽はデリヘルだけのまさに醍醐味ブログ:21年02月26日

1週間前、母とケンカになりました。
理由はささいなことです。

ケンカはすぐに収まりましたが、それがきっかけになったのか、
ボクの心の中で、もう解消したはずのわだかまりが一気に噴き出してきて、
悶々とする毎日を送るはめに…

「ミイラ捕りがミイラになる」とはこのことか…と、苦笑しつつ、
あれこれと考え事が続きました。

同時に、おとうとのことを思いました。

数年前におとうとに
「姉ちゃんは何もわかっていない。
オレがどれだけ姉ちゃんのことを心配していたか!」と、
えらい責められたことがありました。

その場はともかく「ごめんね」と謝りましたが、
どこかピンときていませんでした。

頭ではわかっていたんですよ、
優しいおとうとだから、
ボクがつらそうな時は心配してくれていただろうなぁ…と。

でも、
ボクがどんなに苦しい思いでボクを心配してくれたか…ということは、
どうもわかっていなかったようです。

今回、
過去の自分の「つらかった気持ち」を
素直に受け止めることができた感があったとき、

「あ、おとうとも、本当にすごくつらかったんだな」と、
つくづく思ったのでした。

その数日後、たまたまおとうとに会う機会があったので、
「心配してくれてありがとう、長いこと気がつかなくてごめん」
ということを話しました。

おとうとには、
「うんまあ、オレ的には今はもうわだかまりはないよ、
姉ちゃんもこれでひと段落ということでいいんじゃない」
みたいなことを言われました。

自分の気持ちがよくわかったら、
親父や母、お姉ちゃん、おとうと…
家族みんなの気持ちもわかる感じがして、
自分でもひと段落、ああ、人生の棚卸しをしたような気分になりました。