《風俗ガイド》昔ながらの風俗と言えばのぞき部屋

"東京の下町や歌舞伎町などで営業をしているのぞき部屋はいわゆるストリップ劇場のようなものとなっています。
しかしのぞき部屋におきましては、小さな個室に入って、窓から女性のセクシーショーを観覧することになります。
「風俗」と言えばソープランドやヘルス、イメクラやデリヘルなどといったジャンルが有名です。
最近では数多くの店舗型「風俗」が派遣型へと移行しており、デリヘルが多いのは確かなことです。
のぞき部屋は基本的には自慰行為によって抜く風俗となっているので過度な期待は禁物です。
料金は非常にリーズナブルであり、ただ鑑賞するだけでしたら、2000円程度となっています。
ダンサーが踊っている時に、別の女性が男性の個室に入室をしてきて、手コキやフェラチオをしてくれるのぞき部屋も中にはあります。
さらにショータイムが終了した後に、そのダンサー自身がサービスをしてくれることもあります。"



《風俗ガイド》昔ながらの風俗と言えばのぞき部屋ブログ:21年02月24日

減量って、
なかなか長続きしないんですが…

理由としては二つ考えられます。

減量のやり方が解らない場合と
やり方は解っているけど続ける方法が解らない場合です。

決して
やる気や根性がないから
減量に失敗してしまうのではありません。

さまざまな減量方法に
共通しているのは、
食べる事制限とトレーニング方法ですが、
減量のやり方が解らない方は
それほどいないと思います。

やはり
減量のやり方は解っているけれど、
続ける方法が解らないというのが、
減量に失敗するほとんどの理由ではないでしょうか。

日々ウォーキングすることや少しの腹筋トレーニングなど
簡単にできると思えることでも続けられない…

頭の中で考えると
これをやれば自分の体のために
とても良いことがたくさんあります。

例えば、
「食べる事のときには野菜を食べる」とか
「通勤の一部を歩きに変える」など。

しかし、実際にはなかなか実現できません。
なぜだと思いますか?

野菜を食べたり、歩きに変えることで
体重が目に見て減っていくようなら
誰でも積極的に行動を起こすと思います。

行動を起こさないのは、
減量効果がすぐに実感できないからなんですね。

甘いものは減量中食べないと決めたのに
チーズケーキを食べてしまったり…

そんな誘惑もたくさんあると思います。

どうして誘惑に負けてしまうのかというと…
それは、
すぐに結果を得ることができるからです。

チーズケーキを食べた瞬間に幸せ感が漂います。

なにも苦労しないで快楽が手に入るのですから、
誰でも誘惑に負けてしまいます。

反対にトレーニングなどの行動を起こすときは、
少なからず「面倒だな」という気持ちになってしまう…

なので、減量が続かないんです!